雨の日に訪れたい、5つのスポット


雨季や雨の日にホテルでまったり過ごすのもいいですが、屋内でも充実した時間が過ごせるルアンパバーンの5つのスポットをご紹介します。

1. 国立博物館

luangprabang_laos_nationalmuseum

雨の日は博物館にすこし長めに滞在して、古都ルアンパバーンの歴史と文化についてゆっくりと学んでみませんか?国立博物館は1904年シーサワンヴォン王の時代に建てたれた旧王宮を使用しています。館内には王が実際に使用していた刀や衣装、家具、海外の要人から贈られた調度品などが展示されていて、王族の人々が在位中にどのように暮らしていたのか肌で感じることができるでしょう。また館内の赤壁には、日本製のガラスを用いたモザイク画が施されていて、訪れる人々を魅了しています。

 

国立博物館へのアクセス >

2. 体験型ワークショップ

中心地や郊外には、ラオスやルアンパバーンならでは体験教室が旅行者向けに開かれています。中でも人気なのがラオス料理をつくる料理教室。作るのは主にルアンパバーンの郷土料理。日本ではあまり馴染みのないさまざまな種類の野菜やハーブ、朝市で仕入れる新鮮な肉を使った料理が体験できます。またスカーフやタペストリーを作る織物教室も人気です。雨に日に時間をかけてじっくりと制作に専念すれば、素敵な作品が完成することでしょう。また近郊の村では、竹細工のワークショップや絵付け教室を行っている場所もあります。詳細はツーリストインフォメーションセンターでお問合せください。

 

ラオス料理について  もっと見る>

3. ダラー市場

お土産探しにダラーマーケットへ。ラオス女性の伝統的な衣装「シン」(巻きスカート)の生地が豊富に揃う市場では、さまざまな民族の柄の可愛い布が豊富に揃っています。布は買った店でシンに仕立てを依頼してもいいですし、テキスタイルとしてインテリアや雑貨に使うのもおすすめ。また、市場の敷地内にあるスーパーマーケットでは、ラオスや隣国タイの調味料、お菓子、コーヒーなどの嗜好品がリーズナブルな価格で手に入ります。

 

ダラー市場へのアクセス>

4. 薬草サウナ&マッサージ

massage-luangprabang-laos

ラオスの名物、地元の人々に人気の薬草サウナは「肌がつやつやになる」「身体の疲れがとれる」など、日本人旅行者にも好評です。サウナ用の洋服やタオルなどは各店で貸し出しているので旅行者でも気軽に訪れることができます。
マッサージで一般的なのが、ラオス式のラオス・トラディショナルマッサージ。全身のリンパをやさしく刺激するので、リラックスしてマッサージが受けられます。それぞれの場所については、ツーリストインフォメーションセンターでお問合せください。

5. UXOビジターセンター

ラオスは歴史上でもっとも国民一人当たりの被爆撃量が多い国ですが、ラオスに今も数多く残っている不発弾と、その被害に苦しむ人々の実情については、それほど知られていません。ルアンパバーンにあるUXOビジターセンターでは、除去されたクラスター爆弾の展示や、ベトナム戦争時のラオスの状況や不発弾の被害にあった人々の暮らしを伝える展示などが行われ、旅行者向けに英語で解説されています。

UXO ビジターセンターへのアクセス >