ラオス織物

ラオス織物

概要
多民族が暮らすラオスでは、民族ごとに異なる伝統的な柄の織物に出会うことができます。ルアンパバーンのナイトマーケットでは、主にラオス北部に暮らすモン族、カム族、アカ族、タイルー族などの織物が販売されています。 また、近郊の村に足を運べば、地元の女性たちが家の軒先で綿や絹を紡ぐ姿や、織物をする様子を見学することができます。織物の技術は民族の間で伝統的に受け継がれてきているもので、民族のアイデンティティを示す意味としても、村での生活を支える収入源としても、大変貴重な技術になっています。
ルアンパバーン近郊の織物の村
シェンレック村

半島の先端からカーン川をはさんだ対岸にある村。村には工房兼ショップが立ち並んでいて、お買い物、工房見学、製作体験などが楽しめます。シェンレック村の隣には、楮の木の皮で作る「紙漉き」で有名なサンコン村が隣接しています。

アクセス:
中心地から北バス・ステーション方面へ約3㎞。市内からトゥクトゥクを利用するか、自転車でも行くことができます。雨季は車で行くのがおすすめ。乾季はカーン川にかかる竹橋を使って徒歩で行くこともできるので、ぶらりと立ち寄るのに最適な村です。

パノム村

ここで作られる織物は、かつて王族が愛用していたことで有名。その技術や伝統的なデザインは、現在でもしっかりと受け継がれています。この村の製品はナイトマーケットでも多く取り扱いされています。

アクセス:
町の中心地から車で約10分。坂道のアップダウンがあるため、トゥクトゥクで行くのがおすすめです。

その他のおすすめスポット

ナイトマーケット

毎晩メインストリートで開催されているナイトマーケット。約250の店舗には、ラオスの伝統工芸品やルアンパバーン近郊に暮らすモン族が作った布製品を中心に、たくさんの雑貨が販売されています。

もっと見る >

竹細工

テーブル、椅子、もち米入れ、コースターなど、ラオス人の生活に欠かせない竹細工。その多くが郊外のドンケオ村で作られています。

もっと見る >

紙漉き(サー・ペーパー)

カーン川対岸のサンコン村で作られている紙漉き「サー・ペーパー」は、楮の木の皮を原料として作られた、ルアンパバーン伝統の紙です。

もっと見る >

陶器

何世紀にも渡ってチャン村で受け継がれてきた焼物の技法は、16世紀のランサーン王国の初代の王の時代までさかのぼることができます。

もっと見る >

銀細工

王朝時代は王族に愛用され、たくさん制作されていた銀細工。現在もその技術を受け継いでいる数少ない銀細工師がいます。

もっと見る >

鍛治

ハットヒアン村は鍛冶で有名な村です。ナイフや農具などが作られています。

もっと見る >