ルアンパバーン料理 / 料理教室

ルアンパバーン料理 / 料理教室

概要

ルアンパバーン滞在中は、ラオス料理だけではなく、ルアンパバーンならではの伝統的な料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。町には旅行者が利用できる料理教室もあり、日本ではあまり馴染みのないさまざまな種類の野菜やハーブ、朝市で仕入れる新鮮な肉を使った料理が体験できます。さらに料理教室では、薪の炊き方から下ごしらえまで、ラオス式の手順を習うことができます。こうした知識は、日本での家庭料理にも応用できそうなものもたくさんあります。

※料理教室は主にメインストリート沿いのレストランで行われています。詳細については、ツーリストインフォメーションセンターでお問合せください。

〔ルアンパバーンの伝統料理〕
カオソーイ

米を原料とする、ラオス北部の伝統的な麺料理。発酵させた大豆と挽肉とトマトで作るソースが食欲をそそる。タイにも同じ名前の麺料理があるが全く別物。

カイペーン

ルアンパバーン郊外の清流で採れる川海苔。表面にはゴマがまぶされていて、食べる前に素揚げすると香ばしくなる。ビールのおつまみに最適。お土産にもおすすめ。

luangprabang-food-laos
オラーム

香草、きくらげ、豚肉、もち米などが具材の煮込み料理。ララオス人の中ではルアンパバーンのオラームは有名で、わざわざ食べに足を運ぶ人もいる。

luangprabang-food-laos
ルアンパバーン・サラダ

地元の野菜とゆで卵を使ったサラダ。卵の黄身を使ったドレッシングが特徴。結婚式などのパーティでは必ず出される名物料理。

luangprabang-food-laos
ルアンパバーン・ソーセージ

ラオス全土で食べられているが、ルアンパバーンのものは甘味が抑えられていて美味。ラオス人にも人気が高い。

luangprabang-food-laos
魚のラープ

ルアンパバーンでは川魚を使った料理が豊富。レモングラスを使って調理するので川魚特有の匂いがなく、日本人旅行者に人気。

luangprabang-food-laos

その他のおすすめスポット

国立博物館

旧王宮を利用した館内には、ランサーン王国時代の調度品や、外国からの贈答品が展示されています。

もっと見る >

パーラックパーラム(ラオス伝統舞踊)

ラオスの伝統的な舞踊「パーラックパーラム」を鑑賞するなら、国立博物館の敷地内にあるシアターがおすすめです。

もっと見る >

旧市街とコロニアル様式の建物

ラオスの伝統的な建築物、仏教建築、コロニアル様式の建物が美しく融合した、フォトジェニックな世界遺産の町並みを堪能することができます。

もっと見る >

ヘリテージ・インフォメーションセンター

バーシーの儀式や托鉢などラオスの伝統的な文化から、ラオスで暮らす人々の生活に関するものまで、さまざまな展示が行われています。

もっと見る >

UXOビジターセンター

除去された不発弾の実物や、被害者の人々の暮らし、ラオスの不発弾の状況などについて展示されています。

もっと見る >

子ども文化センター

地元の子どもたちが、放課後や休日を利用して、図工、スポーツ、外国語、ラオスの伝統舞踊などを学んでいます。

もっと見る >

伝統芸術民族センター

モン族、アカ族、ヤオ族といったラオスに暮らす少数民族の暮らしや生活習慣、民族衣装などに関する展示が行われています。

もっと見る >

ストーリーテリング・シアター

ラオスの文化や歴史、少数民族の人々の暮らしぶりなどが、伝統楽器による演奏と人形劇にのせて語られます。

もっと見る >