クアンシー・バタフライパーク

クアンシー・バタフライパーク

概要

クアンシーの滝の入口から300mほど手前に位置するクアンシー・バタフライパーク。ラオスの蝶に魅せられた二人のオランダ人が、ラオスの環境問題から蝶を守る目的で2014年にオープンしました。園内に設置された研究所では、ラオスの蝶に関する情報発信が行われています。

開園時間

開園時間:10:30~16:30(火曜定休日)

入園料:40,000 kip/人、60,000 kip/人(ランチ代込の場合)

アクセス

クアンシーの滝の入口から300mほど手前に位置しています。

その他のおすすめスポット

クアンシーの滝

ラオス随一の美しさを誇ると言われる滝。見どころは、園内の一番奥にある大滝と石灰岩が作り出す滝つぼ。暖かければ泳ぐこともできます。

もっと見る >

プーシーの丘

328段の階段を登った頂上からは、世界遺産の町並みが一望できます。夕暮れ時にはメコン川に沈む夕日を見る人で賑わいます。

もっと見る >

パークウー洞窟

メコン川沿いの岩肌にあるパクウー洞窟は、地元の人々にとって聖なる場所。上段、下段2つの洞窟内には合計4,000体もの仏像が納められています。

もっと見る >

セー滝

エメラルドグリーンの美しい色合いが、クアンシーの滝を凌ぐとも言われているセー滝。雨季の後半の水量が多い時期にだけ泳ぐことができます。

もっと見る >

メコン川遊覧

悠久のメコン川。流れに身をまかせて漂う時間はとっても贅沢。船上から見える古都の町並みもまた趣があります。

もっと見る >

パータートケー・ボタニカルガーデン

2016年にオープンした植物園。ラオス特有の植物が育てられていて、薬草の作り方やラオス料理に使われる植物などについて知ることができます。

もっと見る >

ナムドン・パーク

ルアンパバーン近郊の山中にある公園。ナムドンの滝、ピクニックエリア、ジップラインなど、自然を満喫することができます。

もっと見る >