パータートケー・ボタニカルガーデン

パータートケー・ボタニカルガーデン

概要

2016年にオープンした植物園では、ラオス特有の植物やハーブが育てられていて、薬草の作り方やラオス料理に使われている植物などについて知ることができます。園内にはレストランも併設されているので、町の喧騒から逃れてのんびりと過ごすことができます。

開園時間

9:00~17:30(水曜定休日)

チケットの購入方法:
植物園を訪れる場合は、ルアンパバーン県庁舎裏のメコン川沿いにあるオフィスで申し込みしてください。料金は入場料と往復のボート代込みで25 米ドル/人(子ども10 米ドル/人)。オフィスの営業時間は8:00~18:00。

アクセス

オフィス前にある専用デッキからボートに乗って約15分で到着します。

詳細

園内には、280種類もの生姜が育てられているコーナーや、ラオスで実際に使われてきた薬草や、美肌や婦人科用といった効能別に展示された“民族植物”コーナーなどがあります。こだわりのラオス料理が楽しめるレストランの座席からは、緑豊かな景色が広がり、季節によっては隣接する池に睡蓮の花が咲きます。

植物園ではまた、種苗場で蘭について学習したり、園芸のワークショップに参加したり(要予約)、竹細工を使ったワークショップ(無料)を体験したりすることができます。

植物園に関する詳細はこちらから。(外部リンクへ移動します)

その他のおすすめスポット

クアンシーの滝

ラオス随一の美しさを誇ると言われる滝。見どころは、園内の一番奥にある大滝と石灰岩が作り出す滝つぼ。暖かければ泳ぐこともできます。

もっと見る >

プーシーの丘

328段の階段を登った頂上からは、世界遺産の町並みが一望できます。夕暮れ時にはメコン川に沈む夕日を見る人で賑わいます。

もっと見る >

パークウー洞窟

メコン川沿いの岩肌にあるパークウー洞窟は、地元の人々にとって聖なる場所。上段、下段2つの洞窟内には合計4,000体もの仏像が納められています。

もっと見る >

セー滝

エメラルドグリーンの美しい色合いが、クアンシーの滝を凌ぐとも言われているセー滝。雨季の後半の水量が多い時期にだけ泳ぐことができます。

もっと見る >

クアンシー・バタフライパーク

クアンシーの滝の近くに位置する公園。ラオスの蝶を守る目的で2014年にオープンしました。

もっと見る >

メコン川遊覧

悠久のメコン川。流れに身をまかせて漂う時間はとっても贅沢。船上から見える古都の町並みもまた趣があります。

もっと見る >

ナムドン・パーク

ルアンパバーン近郊の山中にある公園。ナムドンの滝、ピクニックエリア、ジップラインなど、自然を満喫することができます。

もっと見る >