プーシーの丘

プーシーの丘

概要

328段の階段を登った頂上からは、世界遺産の町並みや、メコン川やカーン川が一望できます。夕暮れ時にはメコン川に沈む夕日を見る人で賑わいます。

プーシーの丘は地元の人達にとっては大切な場所。その昔プーシーの丘にたどり着いた2人の仙人がルアンパバーンの町を作ったという伝説があります。頂上には寺院(ワット・チョムシー)と黄金に輝く仏塔があり、現在でも地元の人々は参拝に訪れ、お正月には伝統的な仏教行事が執り行われます。またカーン川側の中腹には、涅槃像や仏足が納められた岩穴などもあり、併せて見学することができます。

拝観時間

チケットの販売時間:8:00~17:30(季節により変動します)

料金:20,000 kip/人(6歳以下は無料)

アクセス

頂上へは3つの入口から登ることができます。高低差があるため、国立博物館前の入口から登ってカーン川側へ下山するのが体力的にはおすすめ。約20分で頂上に到着できます。

登頂時のご注意

プーシーの丘は仏が祀られている場所です。近年、旅行者によるマナー違反が増えているため、皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

・キス、手をつなぐ、肩をくむ等のスキンシップはご遠慮ください。

・大声を出して騒がないようにお願いします。

・ビキニなど、過度に露出度の高い格好はご遠慮ください。

その他のおすすめスポット

クアンシーの滝

ラオス随一の美しさを誇ると言われる滝。見どころは、園内の一番奥にある大滝と石灰岩が作り出す滝つぼ。暖かければ泳ぐこともできます。

もっと見る >

セー滝

エメラルドグリーンの美しい色合いが、クアンシーの滝を凌ぐとも言われているセー滝。雨季の後半の水量が多い時期にだけ泳ぐことができます。

もっと見る >

パークウー洞窟

メコン川沿いの岩肌にあるパークウー洞窟は、地元の人々にとって聖なる場所。上段、下段2つの洞窟内には合計4,000体もの仏像が納められています。

もっと見る >

メコン川遊覧

悠久のメコン川。流れに身をまかせて漂う時間はとっても贅沢。船上から見える古都の町並みもまた趣があります。

もっと見る >

クアンシー・バタフライパーク

クアンシーの滝の近くに位置する公園。ラオスの蝶を守る目的で2014年にオープンしました。

もっと見る >

パータートケー・ボタニカルガーデン

2016年にオープンした植物園。ラオス特有の植物が育てられていて、薬草の作り方やラオス料理に使われる植物などについて知ることができます。

もっと見る >

ナムドン・パーク

ルアンパバーン近郊の山中にある公園。ナムドンの滝、ピクニックエリア、ジップラインなど、自然を満喫することができます。

もっと見る >