ルアンパバーンへのアクセス

ルアンパバーンへのアクセス

飛行機

ルアンパバーン国際空港は、町の中心地からわずか4㎞の場所に位置しています。2013年に新ターミナルがオープンしました。近年はLCC(格安航空会社)が就航したため、日本からもアクセスしやすくなっています。ハノイからは1時間、バンコクからは2時間で到着することができます。

 

路線

国際線:ハノイ、バンコク、チェンマイ、クアラルンプール、シンガポール、シェムリアップ、ソウル、景洪

国内線:ビエンチャン、パクセー

 

空港アクセス


空港から市内へ:

定額タクシーをご利用ください。中心地のホテル、ゲストハウス、その他目的地まで、定額50,000KIP/グループです。中心地まで約15分。
※トゥクトゥクは空港内での客引きを禁止されているためご利用いただけません。

 

市内から空港へ:
トゥクトゥクがご利用いただけます。空港まで約15分。

長距離バス

ルアンパバーンには北バスターミナル、南バスターミナルの2つがあります。ラオス北部の都市のほか、ビエンチャンや国外の都市への便が利用できます。バスの種類は大・中型バスとミニバス(ミニバン)があります。

 

路線

国内便:ビエンチャン、バンビエン、サイニャブリ、ウドムサイ、ルアンナムター 他

国際便:チェンマイ、ルーイ、ハノイ、昆明 他

 

バスの種類とチケットの買い方


大型・中型バス:

時間帯や路線によってバスの種類が変わります。自由席の場合は荷物を置いて座席を確保してください。チケットは出発時刻の1時間半~1時間ほど前にバス停で直接ご購入ください。

※出発時間になっても乗客人数が少ない場合は、出発が遅れることもあります。逆に満席になると予定時間前でも出発することがあります。

 

ミニバス(ミニバン):

中・大型バスの運賃よりは高くなりますが、所要時間を節約したい場合はミニバスがおすすめ。エアコン付きの車両がほとんどです。
旅行代理店、ホテル、ゲストハウス、バス停で事前にチケットを購入してください。料金にはホテルまでの迎えが含まれています。

 

バスターミナルへの行き方


〔南バスターミナル〕

ルアンパバーン・スタジアムの近く、中心地から約10分。ミニバス・ターミナルが隣接しています。

営業時間:7:00~17:00

行き先:サヤブリ、ケンタオ、ポンサワン、バンビエン、ビエンチャン

 

〔北バスターミナル〕
空港の近く、中心地から約15分。

営業時間:7:00~17:00

行き先:ノンキャウ、ポントン、ウドムサイ、ルアンナムター、フアパン(サムヌア)、ボケオ(フアサイ)、ポンサリー

 

〔ミニバス・ターミナル〕

北バスターミナルの向かい側

行き先:

国内 ― ノンキャウ、ルアンナムター、フアサイ(ボケオ)、ポンサワン(シェンクワン)、バンビエン、ビエンチャン

国外 ― ディエン・ビエン・フー、ハノイ、フエ、ヴィン(ベトナム)、チェンマイ、チェンライ、ルーイ(タイ)、昆明、景洪(中国)

長距離ボート

パークベン(ルアンパバーン県)、フアサイ(ボケオ県)、タイ北部のチェンマイ、チェンライ、チェンコーンへアクセスしています。

ルアンパバーンからタイまでは2日間の旅になります。船上からは美しい自然や、川岸で昔ながらの生活を営むラオスの人々の暮らしを垣間見ることができます。

ボートはスピードボートとスローボートの2種類があります。スローボートをご利用の場合は、途中のパークベンで1泊することになります。

 

タイへの入国について

フアサイ(ボケオ県)からタイへは、ボートか第三友好橋を渡ってソンテウ(ミニバス)で入国することができます。アライバルビザの取得については、タイ政府のホームページをご確認ください。 

 

ボート乗り場へのアクセス

町の中心地から約9km、空港裏のスパヌヴォン大学・新キャンパスの近くに位置しています。トゥクトゥクをご利用ください。

その他の旅行ガイド

基本情報

交通、インターネット、通貨 など

もっと見る >

観光ビザ

ラオスへの入国と出国について

もっと見る >

無料ダウンロード

観光ガイド、地図、オーディオガイド

もっと見る >

ラオスでのマナー

参拝時の服装とその他のマナー

もっと見る >